IBISとは?

年末年始やお盆などの疲れやだるさを改善する方法

2019年〜2020年の正月休みは9連休だったという人も多いのではないでしょうか。

忘年会、クリスマス、大掃除、仕事納め、帰省、お出かけ、初詣、親戚や友人等への挨拶・・・

次から次へ休もうと思っても休めないとイベントが続いて、

  • 仕事とは違う疲労感があって大変
  • 給料の発生しない仕事をしている感覚
  • 給料が入るどころか支出続きで疲れを味わう仕事
  • 移動や人混みに疲れる

など、本来の休みとは程遠い「正月休み」になった人も多いかもしれません。

休もうと思っても休めない

思うように休めないまま、気がついたら仕事始めで、今度は

  • ああ、仕事行きたくないな
  • 体がだるくて動けない、やる気が全く出ない
  • 年末年始の疲労がたまって風邪をひいた

こんな感じになる人は、私の周りでもかなり多いです。

新年の晴れやかなムードとは全くの対照的で、ブルーに落ち込んでしまうのです。

仕事に行って、日常生活を取り戻すと落ち着いてくる、改善されるなら良いのですが、なかには悪化してしまうケースもあります。

・・・

年の瀬は残業続き、年末年始の休みに入ってからは帰省や大掃除、親戚等への挨拶、初詣、初売りバーゲンセールにお出かけなど、ゆっくりする暇もなく疲労困憊。

あまり深刻に考えていなかったけど、1日8時間以上寝て、睡眠を十分とっているはずなのに、体がすごく重くて、起き上がることができない。すぐに治ると思ったけど全然ダメだったので、メンタルクリニックへ行った。

・・・

このようなケースもあります。

休もうと思っても、様々なイベントに駆り出されることも多く、休みたくても休みにくい状況がうまれます。

正月休み,年末年始,お盆,だるい,つらい,大変,改善方法

すぐにできる改善方法は?

  • 夜ふかし(睡眠不足)や寝坊(寝すぎ)を避ける
  • 朝起きたら日光にあたる
  • 30分、外を散歩する
  • 人が多いところへ行かない
  • 休暇明けの仕事のシミュレーションをして備える
  • 楽しいこと、ワクワクすることを考える
  • 一人で抱えず、周りに相談する

いろいろ対処法はあると思いますが、こんな感じで、すぐに始められることから始めてみるのもオススメです。

大事なのは、完璧を目指さないことです。

なかには、

朝起きたら日光にあたれなかった、外を散歩できなかった、休暇明けの仕事のシミュレーションをできない・・などと、できないことがあるとすぐに自分を責めてしまう、諦めてしまうケースがありますが、それでは意味がありません。

完璧を目指さず、なにか始める、してみることが大切です。

年末年始やお盆に疲弊しないために

根本的に改善するために必要なのは、環境を変えることです。

年末年始に限らず、

五月病、月曜日に会社に行きたくないブルーマンデー症候群、日曜の夜になると月曜からの仕事を考えて落ち込むサザエさん症候群、お盆の休み明けなど、季節や時期によって、憂鬱な気分になることも多いと思います。

長期休暇の頃になると

「年末年始(お盆など)をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュ(帰国ラッシュ)がピークを迎えています。新幹線は自由席の乗車率が150%を超えるなど、予約でほぼ満席、空の便も国内や海外を含めて、ほぼ満席とのことです。高速道路は○○道の○○トンネルを先頭に40〜50キロの渋滞が予想されています」

こんなニュースがよく流れますよね。

昔は、みんな休みも一緒だし仕方ないよねといった感覚でみていましたが、いまは、いろんな意味ですごいな〜といった感覚でみています。

みんな同じように働いて、同じように休むと、混雑するのは当たり前です。

旅行代や交通費も、需要と供給の関係で、人が集まれば金額も高くなります。

特に長期休暇になると

  • 鉄道も飛行機も、レストランもお店も、どこに行っても混雑
  • 通常の2倍、3倍以上のお金がかかる

これでは、疲れるために多額のお金を払うようなものですね(苦笑)

これらを避けるにはどうすればいいのか。

環境を変えて、みんなと違う行動をする必要があります。

年末年始に帰省や旅行をせず、鉄道の駅や空港、百貨店、レジャー施設などに近づかないのが一番ですね。

そのうえで、大多数の人が仕事始めで日常生活を始める頃に、帰省や旅行を始める。

そうすると、値段も通常モードになっていることも多く、人は年末年始に比べると少なく、お得に行ける、疲れもたまりにくい・・一石三鳥、四鳥にもなるわけです!

このようなことを言うと、

・・・

そんなことは全くの非現実的だ!休もうと思って休めるならとっくの昔にしている!それができないから、みんな我慢もしながら一生懸命働いて家族を養っている!人が多いと分かっていても覚悟しながら帰省や旅行もしているんだ!

・・・

こんな感じで叩かれることがあります。

もちろん、ごもっともな意見です。

会社員の生活スタイルを批判するつもりは全くありませんし、平日働いて土日祝日が休みの仕事をしていると、人が集まりにくいタイミングで休みをとって・・というのも難しいと思います。

ただし、それは仕方ないから、会社員には何もできないから、どうしようもないから、などと、何も対策せず我慢し続けるのもどうなのかなと思うのも事実です。

まとめ

一気に変えようとすると大変です。

いまの仕事を続けながら、例えば平日に有給をとって休む、その代わり土日は副業してみる・・といった感じで、周りと違う生活スタイルを体感するところから始めてみませんか?

環境も全く変えず、考え方も変えず、給料が爆発的に上がって生活が楽になる・・ことはありません。

何かを変えたければ環境や考え方を変える必要があります。